保存版・アーモンドオイルのお肌・髪への美容効果とオススメ使用法まとめ!

  • LINEで送る

アーモンドを美容のために食べているという方は、多いのではないでしょうか?

しかし、アーモンドは食べるだけでなく、お肌にもとっても良いことはあまり知られていないのではないでしょうか?

アーモンドから作られた「アーモンドオイル」は、美容のためのオイルを探している方にぜひご検討していただきたいオイルの1つです。

今日はアーモンドオイルのお肌などへの美容効果や健康効果について書いていきます。

アーモンドオイルとは?

アーモンドオイルは、その名前のように、アーモンドから採った油のことです。

アーモンドは約50%が油でできているので、そのまま食べられるだけでなく、搾って食用の油としても美容オイルとしても使われます。

中でも美容オイルとして使われるアーモンドオイルは、そのほとんどが「スイートアーモンド」という種類のアーモンドから作られるので、別名「スイートアーモンドオイル」とも呼ばれます。

スイートアーモンドとは?

スイートアーモンドオイルの原料になる「スイートアーモンド」は、私たちが普段食べているアーモンドのこと。

ローストして食べるのが一般的ですが、食用オイルの原料として使用したり、最近ではアーモンドミルクにして飲んだりすることもあるようです。

このスイートアーモンドから抽出されたオイルがスイートアーモンドオイルで、古代ギリシャの人々もスキンケアに取り入れたという記録もあります。

また、酸化に強い脂質を含むので、皮膚を柔らかくし、肌に栄養を与えながら保湿もしてくれる効果も備えています。

スイートアーモンドから採られたアーモンドオイルは、万能な美容オイルなんです。

ビターアーモンド(オイル)とは?

また、スイートアーモンドに対して「ビターアーモンド」という名前のアーモンドも存在します。

これはその名前からもわかるように苦いのが特徴のアーモンドのことで、他にとても香りが高いのが魅力。

このビターアーモンドから搾り取られたオイルを「ビターアーモンドオイル」と呼びます。

その特徴を生かして、食用や美容オイルとしてではなく、お菓子の香り付けとして最も多く使われています。

ちなみに、ビターアーモンドオイルが食用として使われることは少なく、これは苦味成分「アミグダリン」に毒性があるのが理由で、日本では食品としてビターアーモンドを輸入することが禁止されています。

※なお、スイートアーモンドオイルとビターアーモンドオイルの違いについては「スイートアーモンドオイルとビターアーモンドオイルの違いを解説!」にまとめています。

アーモンドオイルに含まれる栄養成分は?

ところで、アーモンドオイルにはどんな栄養成分が含まれているんでしょうか?

脂質

先程も書いたように、アーモンドはその半分が油です。

そのうち70%は酸化に強いオレイン酸が70%以上、その他のリノール酸などの必須脂肪酸が26%となっています。

これらの油は、抗炎症作用や抗酸化作用も高く、お肌の老化防止に最適と言われます。

また、健康面でもコレステロールを低下させ、心臓病や糖尿病の発症リスクを下げたりなどのメリットも確認されています。

ビタミン

ビタミン類も含まれ、特に以下の2種類が多く含まれています。

  • ビタミンE:免疫機能に好影響を与えるビタミンEが豊富です。60種類以上のビタミンEが含まれているそうで、アーモンドオイル100gには一日の必要摂取量の200%のビタミンEが含まれています。
  • ビタミンB2:赤血球を作ってくれるビタミンB2も豊富です。

その他にも、ビタミンB1、ビタミンB9、ビオチン、ビタミンB7、ビタミンAなども含まれていて、ビタミンEとビタミンB群の優れた栄養源と言えます。

ミネラル

ミネラル類はわずかですが、以下のようなミネラルが含まれています。

  • マグネシウム:血液の材料でもあり、骨を作る材料にもなる、人間にとってもっとも重要な必須ミネラルの1つです。
  • リン:歯や骨の形成に役立つミネラルです。
  • マンガン:免疫機能、生殖機能、消化や骨の成長にも必要になるミネラルです。

その他にも、鉄分、銅、カルシウム、カリウム、亜鉛なども、微量ですが含み、バランス良くミネラルも含んでいると言えます。

タンパク質

意外にも、アーモンドはタンパク質も豊富で、1オンス(=約28g)あたり約6gもの植物性タンパク質を含んでいます。

特に多いのはアルギニンと呼ばれるアミノ酸で、傷を早く治したり、感染症を予防したりする作用に優れています。

タンパク質はお肌や髪の毛の材料になるので、美容にも大きく関係する栄養素です。

その他

上記以外にも、緑茶に含まれることで知られる「カテキン」や、赤ワインに含まれることで有名な「レスベラトロール」、リンゴや玉ねぎに含まれる「ケルセチン」などの抗酸化物質も含みます。

先程も書いたように、アーモンドはビタミンEも多く含みますが、ビタミンEも抗酸化物質のひとつです。

カテキンやレスベラトロールはビタミンEと相応効果を発揮するので、アーモンドは抗酸化物質の宝庫とも言えますね。

アーモンドオイルの美容効果とは?

クレンジング効果

アーモンドオイルは肌になじみやすく、浸透しやすいのが特徴です。

毛穴に浸透して、汚れや小さなゴミを柔らかくして取り除く効果に優れています。

そのため、アーモンドオイルはクレンジングオイルとしても、とっても優秀なんです!

保湿効果

アーモンドオイルは皮膚を柔らかくするため、水分を抱え込みやすくなります。

これが保湿につながるので、洗顔後、肌に潤いが残っている状態で使用することで潤いを閉じ込めてくれます。

重ねて使う”ミルフィーユ塗り”もおすすめですよ。

健康な髪を作る効果

アーモンドオイルは髪に塗っても効果的です。

髪の材料にもなるビオチンが含まれるので、髪を健やかな状態に保ってくれるでしょう。

また、アーモンドオイルは殺菌作用も高いので、ふけの原因になる菌を殺菌する作用にも期待でき、先程も書いた保湿作用は頭皮の水分補給や保湿にも効果的です。

※アーモンドオイルを使った髪のケア方法は「アーモンドオイルで髪をケアしよう!目的別に使用方法を解説。」にまとめています。

紫外線を予防する効果

2007年のインド、ニューデリーのハムダード大学による研究によると、アーモンドオイルが紫外線を予防するのに役立つとのことです。

マウスを使った試験を行い、アーモンドオイルを使用したマウスとそうでないマウスとでは、前者の方が皮膚に受けるダメージが少なく、紫外線による皮膚の老化を抑えてくれるようです。

これは、シミなどの原因となるメラニン色素を作り出す “チロシナーゼ”の阻害作用があるためと思われます。

美白効果

アーモンドオイルに含まれる脂肪酸(油)は、古くなった皮膚の細胞を取り除き、毛穴をきれいに掃除する作用があります。

また、先程書いた紫外線を予防する効果も手伝って、美白効果の高いオイルとも言えます。

※アーモンドオイルの美白効果とケア方法は「アーモンドオイルの美白ケア法を公開!自宅で簡単・4つのケア法まとめ」にまとめています。

湿疹・赤みを予防する効果

2013年のカナダのダルハウジー大学の研究によると、アーモンドに含まれるタンパク質が抗炎症作用があるとのことです。

炎症を誘発する物質の発生を抑制するはたらきがあるとのことで、これが肌の炎症を抑えて、湿疹や肌の赤み、かゆみを予防したり改善したりしてくれるようです。

ニキビの治療効果

抗酸化物質が豊富で、抗菌力の高いオイルですので、ニキビの治療にも使用できます。ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌してくれます。

炎症を誘発する物質の発生を抑える作用も、ニキビの悪化を防ぐのに役に立つでしょう。

※アーモンドオイルを使用したニキビケア方法は「アーモンドオイルを使ったニキビケア法。薬なしの安心ニキビケア!」にまとめています。

水虫の治療・予防効果

水虫の主な原因は白癬菌と呼ばれる真菌です。

アーモンドオイルの優れた抗菌作用は、こすいた真菌を殺菌するのにも役に立ちます。

同時に、保湿効果によって足に潤いも与えてくれます。

アーモンドオイルの使用方法は?

では、アーモンドオイルはどうのようにして使用するのがいいのでしょうか? おすすめの使用方法を4つご紹介します!

化粧水をつける前に使う!

洗顔後、化粧水をつける前にサッと肌になじませます。

洗顔後はお肌が一番清潔な状態ですよね。

その状態だからこそ潤いも満ちているので、より肌への浸透力が高まり、いつものケアがスペシャルなものに変わりますよ!

化粧水を塗った後に使う!

化粧水で肌に充分うるおいを与えてから使うのもおすすめです。

就寝前の”最後の仕上げ”としてほんの少し…1滴程度をスッと肌になじませるだけでOK。

手のひらにとって薄く伸ばして、肌に手の平を押し当てて、包みこむ感じで肌になじませましょう。

もちろん、洗顔後にもオイルをなじませ、その上でさらに就寝前にも塗る”ミルフィーユ塗り”をしてもOK!更にモチ肌になりますよ!

蒸しタオルパックにする!

洗顔後すぐに、アーモンドオイルを数滴なじませて、蒸しタオルで温めます。

肌は温まることで、潤い成分も美容成分も、肌の奥の”角質層”まで浸透しやすくなります。

しばらく温めてタオルの温度が冷めてきたら、最後に肌を手で包み込むよう何度かハンドプレス。

これだけで翌日のファンデーションのノリが良くなります。大切な予定の前のケアにどうぞ!

フェイスマッサージに使う!

アーモンドオイルを数滴、手のひらに取って目頭の下→こめかみへ伸ばすようにマッサージします。

※顔の内側→外側へ伸ばします!

次に、顎→こめかみ」へ、下から上へ向けて伸ばし、優しくマッサージします。これを左右それぞれ5回程度ずつ行いましょう。

アーモンドオイルの使い方・まとめ!

以上4つに加え、リンパマッサージにもおすすめです!詳しくは、こちらのアーモンドオイルのページの「使用方法・スペック」をご覧ください。

どれもおすすめな方法ですので、組み合わせて行ってもOKです。

とりあえず全部試してみて、自分に合った方法を見つけてみてください。

一番のコツは「継続すること」!

アーモンドオイルには優れた美容効果がたくさんありますが、すぐに効果を感じるのはなかなか難しいので、とにかく「自分に合った方法で、継続する」ように意識してみてくださいね。

絶対おすすめ!バスターミナルのアーモンドオイルはここが違う!

しかし、アーモンドオイルなら何でもいいというわけではありません!!!

低品質なアーモンドオイルはかえってお肌を痛めてしまう可能性もあるので、きちんとした品質のものを選びましょう。

エステで使用されているプロ仕様のオイル!

その点、バスターミナルのアーモンドオイルは、エステサロンでエステティシャンに愛用されている”プロ仕様”の高品質オイルなので、自信をもっておすすめできます。

原料となるスイートアーモンドは、本場カリフォルニア産のものを使用し、さらに抽出方法も「コールドプレス」!

※コールドプレス:ゆっくり圧力をかけて”低温”で搾り取る、手間暇のかかる伝統の抽出方法。高温になると壊れてしまう栄養素を損なうことなく抽出できます。

原料・抽出方法どちらにもこだわったからこそのプロ仕様。アーモンドオイルの持つ色々な美容効果が期待できます。

高品質なアーモンドオイルが30%OFFで購入できる「バスターミナル 公式サイト」はこちら!

バスターミナルのアーモンドオイルにご興味を持っていただけたら、ぜひ下記の「公式サイト」でのご購入をおすすめします。

ご購入の際に、無料会員登録をしていただくだけで、その場ですぐに30%OFFで購入できます。

バスターミナルは、高品質な製品を、どこよりもお得な価格で、アンチエイジングに取り組む40代以上のあなたにお届けします。

 

※参考元

http://www.healthline.com/health/food-nutrition/almond-oil

https://authoritynutrition.com/foods/almonds

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17348990

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23575976

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*