Search Consoleの更新・チェック作業

Googleの提供する検索分析ツール「Search Console」では、

  • サイトマップの送信
  • 検索アナリティクスのチェック

…をデイリーで行っています。

サイトマップの送信

Googleにできるだけ早くサイト内を見てもらいやすくする、順位UPなどに関わる作業です。

手順は以下の通りです。

Search Consoleで対象のサイトを選ぶ

Search Consoleにアクセスし、登録されているサイト×2つ(通販サイトと、バスターミナル通信)のうち、任意の方のURLをクリックする。

※ここでは、便宜上、通販サイトの方を例にとって説明します。

サイトマップのページに進む

表示されたページの左メニューの中から、「クロール」 → 「サイトマップ」と進む。

サイトマップを再送信する

ページが切り替わったら、「/sitemap.xml」にチェックを入れ、次に「再送信」を押します。

 

 

許可を求めるボタンが出るので「はい」をクリックします。

処理が無事に終わると「アイテムを正常に再送信しました。」とアナウンスが出るので、「閉じる」をクリックして終了。

「バスターミナル通信」でも同様の作業を行う

同様の対応を、通販サイトだけでなく「バスターミナル通信」でも行ってください。

上記画像にある「Search Console」をクリックし最初の画面に戻ります。

 

続いて、バスターミナル通信の方のURLをクリックすれば、後の手順は全て同じです。

検索アナリティクスのチェック

検索アナリティクスは、検索からサイトに訪れたユーザーのデータを細かく見ることができます。

※ただし過去28日間が最大で、最新データは3日前のもの。

  • Googleのアルゴリズムに「大きな変化」があった時
  • サイト内・ブログ内の表記(タイトルタグやディスクリプション)を修正した時
  • サイト内・ブログ内に新しいページ・コンテンツを増やした時

…などの変化があった際に、その「変化があった日付」の前後でどう検索データが変わったか?(検索順位が上がったか・下がったか、どんなキーワードで検索したのか?)を知る際に有効です。

以下から具体的に説明します。

Search Consoleで対象のサイトを選ぶ

Search Consoleにアクセスし、登録されているサイト×2つ(通販サイトと、バスターミナル通信)のうち、任意の方のURLをクリックする。

※ここでは、便宜上、通販サイトの方を例にとって説明します。

検索アナリティクスを選択する

画面が切り替わったら、「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」と進みます。

表示する項目をチェックする

画面が切り替わったら、「クリック数」の右横にある3つの項目全てにチェックを入れます。

  • 表示回数
  • CTR
  • 掲載順位

チェックすると、直下のグラフが以下のように4色表示に変化します。

この状態になったら、グラフの下に表示される項目を見て、検索データのチェックを行っていきます。

各用語の解説と、見方の例

グラフ直下の項目の用語説明と、具体的な見方(分析法)の例を簡単にあげておきます。

クエリ

検索キーワードのことです。

「ユーザーが実際に、どんなキーワードで検索してるのか?」がわかります。

クリック数

うちのサイトがクリックされた回数です。そのキーワードからのアクセス数と考えてOKです。

「ユーザーがそのキーワードから何回来てくれたか?」がわかります。

表示回数

うちのサイトが何回表示されたかを示す数です。

「ユーザーがそのキーワードを検索して、何回うちのサイトを目にしたか?」がわかります。

CTR

表示されたうち、何回クリックされたかを示す数値です。

たとえば、表示回数が多いのにクリック数が少ないと、ユーザーの目に止まりにくい=魅力的でないことを意味します。

掲載順位

そのキーワードで検索して何位に表示されるか?を示した数字です。

実際の順位とは若干差があることが多いです。